> > ダイナミックディスク

ダイナミックディスクについて知っておく必要があること

目次:


ベーシックディスクとダイナミックディスクという2種類のハードディスク(ストレージタイプに関連)があります。ほとんどのユーザーはベーシックディスクに精通していると思われますので、ここでは主にダイナミックディスクを紹介します。

ダイナミックディスクとは


Windows 2000以降のWindows OSでサポートされているダイナミックディスクは物理ディスク一種のです。Windowsディスクユーティリティでは、データを失うことなくベーシックディスクをダイナミックディスクに変換できます。しかし、それは可逆的な処理ではありません。既存のボリュームをすべて削除したり、サードパーティ製パーティションソフトウェアを(MiniTool Partition Wizardなど)使わない限り、元に戻すことはできません。ダイナミックディスクには、耐障害性を保つ複数のディスクにまたがるボリュームを作成する機能など、ベーシックディスクにはない多くの機能があります。ダイナミックディスクでは、シンプルボリューム、ミラーボリューム、ストライプボリューム、スパンボリューム、RAID-5ボリュームなど、さまざまな種類のボリュームを作成できます。

ダイナミックボリュームの特徴


さまざまなダイナミックボリュームを作成することで、ユーザーはデータセキュリティを強化し(ミラーボリュームとRAID-5ボリューム)、ディスク容量を最大限に活用し(ストライプボリュームとスパンボリューム)、データストレージのスピードを速める(ストライプボリュームとRAID-5ボリューム)ことができます。これらのボリュームはすべてWindowsディスクの管理ツールで作成できます。

1.シンプルボリューム:

dynamic disk 1

上記の図から、H:とI:はシンプルボリュームです。

シンプルボリュームはプライマリパーティションまたはベーシックディスク上の論理ドライブに等しく、ユーザは1つのダイナミックディスクに4つに限らず多くのシンプルボリュームを作成できます。シンプルボリュームは同じディスク上の未割り当て領域にシンプルなままに拡張できます。ただし、他のディスク上の未割り当て領域に拡張すると、スパンボリュームになります。

2.ミラーボリューム:

dynamic disk 2

ミラーボリュームは、同じサイズの2つの未割り当て領域によって作成されます。ボリューム上のサブミラーによって耐障害性を提供しています。どちらかのディスク1台が故障しても、そこのデータは使用できなくなりますが、Windowsは他のディスク上のデータを正常に読み込みできます。しかし、ミラーボリュームは、ディスク使用率が50%にすぎません。

3.スパンボリューム:

dynamic disk 3

スパンボリュームは、2台以上のディスク(最大32台のディスク)上の未割り当て領域を1つのボリュームに結合し、未割り当て領域はそれぞれ異なっても問題ありません。スパンボリュームを作成すると、ディスク領域を最大限に活用できます。しかし、スパンボリュームは耐障害性を提供しません。スパンボリュームの一部に障害が発生すると、スパンボリューム全体が動作不能になります。

4.ストライプボリューム:

dynamic disk 4

ストライプボリュームは、2台または2台以上のダイナミックディスクで同じサイズの未割り当て領域によって作成されます。ストライプボリュームにデータを保存すると、そのデータは複数の部分に分割され、同時にストライプボリュームのすべての部分に書き込み、データの保存速度を向上します。しかしストライプボリュームには耐障害性がありません。

5. RAID-5ボリューム:

dynamic disk 4

RAID-5ボリュームは、3台以上のダイナミックディスク上に作成され、ミラーボリュームとストライプボリュームの特徴を備えています。パリティチェックが含まれているため耐障害性が高いです。1台のディスクに障害が発生すると、障害が発生したディスク上に残りのデータとパリティからデータを再構築してWindowsを続行します。さらに、ミラーボリュームと同じようにデータを保存します。

T以上はダイナミックボリュームの主な特徴です。ときどき、ボリュームの拡張、ボリュームの縮小、およびボリュームのクラスタサイズの変更など、ダイナミックディスクまたはボリュームに対する操作を実行する必要があります。Windowsディスクの管理ツールは、多くの欠陥があるので、うまく行えません。たとえば、シンプルボリューム以外のボリュームを拡張または縮小することはできません。したがって、サードパーティー製パーティション管理ツールが必要です。MiniTool Partition Wizard プロ版またはそれ以上の高度なエディションをダウンロードしてダイナミックボリュームをうまく管理できます。