> > ボリュームの作成

ボリュームの作成

  • コンテンツ:


    ボリュームの作成について

    MiniTool Partition Wizardの「ボリュームの作成」によって、使用者はシンプルボリューム、スパンボリューム、ストライプ ボリューム(RAID0) 、ミラーボリューム(RAID 1)、RAID5を含んだダイナミックディスクボリュームが作れます。ボリュームによって、必要となる前提条件が違います。

    シンプルボリューム: シンプルボリュームはダイナミックディスクボリューム種類の一つで、シングルなダイナミックディスクの空き領域から構成されています。
    スパンボリューム: スパンボリュームはダイナミックボリュームで複数の物理ディスクの空き領域を含んでいます。スパンボリュームを作るには少なくとも2台のダイナミックディスクに起動ディスクを必要としています。
    ストライプ ボリューム(RAID0): ストライプ ボリュームはダイナミックボリュームで、複数のダイナミックディスクのストライプにデータを保存します。Windowsにサポートされる全てのボリュームのパフォーマンスを向上させるが、障害を許容できません。
    ミラーボリューム(RAID 1): 選択されたボリュームに等しいコピーを二つ提供します。ミラーボリュームに書き込まれたデータは二つのコピーに保存されます。それでディスクの容量は元の50パーセントになります。
    RAID5: 3台のハードドライブ(例えば、IDE、SCSI 、混合構造のハードドライブ)は必要です。RAID5と繋がったディスクはダイナミックディスクでなければなりません。それに、オペレーティングシステムブートファイルとシステムファイルはほかのボリュームに保存されなければなりません。

    提示:MiniTool Partition Wizardの無料版はダイナミックボリュームの作成をサポートしません。プロ版とアドバンスド版をお薦めします。MiniTool Partition ソフトウェアの比較を見通してください。


    ボリュームの作成方法

    1、ボリュームを作ろうとする使用者は下記のボリュームの作成についてのMiniTool Partition Wizardのチュートリアルをご覧ください。

    ダイナミックディスクの空き領域を選択して左のパネルから「ボリュームの作成」をクリックします。あるいは右クリックメニューから「ボリュームの作成」を選択します。

    create volume

    2、ダイアログの中で作ろうとするボリュームの種類を選択します。わが社のソフトウェアはサポートできる種類をリストします。ここで、シンプルボリュームだけが作れます。シンプルを選択し、「次へ」をクリックして下の画面に入ります。

    simple

    3、ボリュウムの作成の場所となる対象ディスクを選択して、右のボックスに加えるように「追加」オプションを選択して、「次へ」をクリックして続けます。

    select disk

    4、新しく作られたボリュームのためにボリュームラベル、ファイルシステム、ドライブレター、クラスターサイズ、ボリュームサイズ/位置といったペラメーターを設置し、「完了」をクリックして、メイン画面に戻ります。

    volume

    5、使用者は選択されたダイナミックディスクに新しいボリュームの出現が見えます。左上のコーナーの「適用」をクリックして、プレビュー効果を適用します。

    apply