> > Windows7をダイナミックディスクにインストール

Windows7をダイナミックディスクにインストールすることはできますか

目次:

Windows7をダイナミックディスクにインストールすることはできません

ほとんどの使用者はWindows7をコンピューターにインストールします。Windows7システムをダイナミックディスクにインストールする場合、エラーメッセージ「このハードディスク領域に Windows をインストールすることはできません。パーティションには、インストールがサポートされていない 1つ以上のダイナミックボリュームが含まれています。」は表示されます。

error

その場合、疑問に思っているかもしれません。どうしてWindowsをダイナミックディスクにインストールすることはできないんですか。どのようにWindowsをダイナミックパーティションにインストールしますか。安心してください。下記の内容を読んでソリューションを見つけます。

Windows 7をダイナミックディスクにインストールできない原因

Microsoftによると、ダイナミックディスクはWindows 7 Enterprise / Professional / Ultimateのみにサポートされていて、Windows 7 Home Basic / PremiumおよびStarterにはサポートされていません。したがって、それらのWindows 7エディションをダイナミックディスクにインストールすることはできません。実際には、MS-DOS、Windows 95、Windows 98、Windows Me、およびWindows NTを含むWindows 2000以前のWindows OSのは全部ダイナミックディスクをサポートしていません。

また、パーティションテーブルのエントリが含まれるベーシックパーティションから変換されたダイナミックボリュームにのみ、新しいWindowsのインストールができます。ベーシックパーティションから変換されたシンプルボリュームは、変換前にシステムパーティションまたはブートパーティションでない限り、パーティションテーブルにエントリが含まれていません。即ち、データ安全を確保するためにWindows 7を、ダイナミックディスクの現在のシステムまたはブートボリュームにのみをインストールすることができます。その結果、デュアルブートを実行しているときに、Windowsがダイナミックディスクにインストールすることができないエラーが頻繁に表示されます。その場合、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するのは最善の方法です。

Windows 7でダイナミックディスクをベーシックディスクに変換

上記の通り、OSをダイナミックパーティションに成功にインストールするように、ターゲットダイナミックディスクをベーシックに変換する必要があります。ここでは、3つの方法はリストされています。

convert MiniTool Partition Wizardでダイナミックディスクをベーシックに変換

データを失うことなく、どのようにWindowsでベーシックディスクに変換しますか。ここでは、MiniTool Partition Wizardというプロなダイナミックディスク変換ツールをお薦めします。ダイナミックボリュームの拡張/縮小/抹消/フォーマット、ダイナミックディスクからベーシックディスクに変換などダイナミックとベーシックディスクの管理ができます。

注:

MiniTool Partition Wizardはダイナミックディスクの管理をサポートしません。プロ版(Windows 10/8/7に対応)またはアドバンスト版に頼ってください。詳細についてはエディション比較を参考してください。

ステップ1:プログラムを実行してメイン画面に入ります。ダイナミックディスクを選択して左のアクションパネルから「ダイナミックディスクをベーシックに変換」を選びます。または右クリックメニューから機能を選択します。

convert dynamic disk to basic disk without losing data

ステップ2:「適用」をクリックして変更を実行します。ポップアップウィンドウで、[はい]をクリックしてプロセスを開始します。

apply

change ディスクの管理でベーシックディスクに変換

Windows内蔵のディスク管理を使ってパーティションとディスクの管理ができます。ダイナミックディスクをベーシックに変換するには、ボリュームを一つずつ削除する必要があります。そのツールを開いて、ターゲットボリュームを右クリックして「ボリュームの削除」を選択します。ボリュームが全部削除された後、そのディスクは自動的にベーシックディスクになります。Windows7をそのディスクにインストールすることができます。

convert disk CMDでダイナミックディスクをベーシックに変換

コマンドラインを使ってダイナミックディスク変換を行うこともできます。「Win + R」を押し、「diskpart」を入力してdiskpartコマンドウィンドウを開きます。

1.「list disk」と入力します。すべてのディスクはリストされます。
2.「select disk n」と入力します。nはディスク番号を指します。ベーシックディスクに変換するターゲットディスクを選択してください。
3.次に「detail disk」を入力します。
4.「select volume n」と入力します.nはボリュームの数を指します。
5.次に「delete volume」と入力します。
6.最後に、 「convert basic」プロンプトを入力すると、diskpartが選択したディスクをベーシックに変換することができます。

注:複数のボリュームがある場合、ステップ4とステップ5を繰り返してボリュームを全部削除してください。

windows7 cannot be installed to dynamic disk

注意:

3つの方法の比較を通じて、制限が明らかになります。Windowsディスク管理ユーティリティとdiskpartでは、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する前にすべてのボリュームを削除する必要があります。つまり、ディスク上のすべてのデータは失われます。ですから、MiniTool Partition Wizardはデータが失われることなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することができるので、ターゲットディスクに重要なデータがある場合、MiniTool Partition Wizardを使うのは最善です。

Windows7をダイナミックディスクにインストールすることができなかったが、ディスクをダイナミックからベーシックに変換することによってOSをターゲットディスクにインストールした場合、友達に共有してください。

ツイート

結語

Windows7をダイナミックディスクにインストールすることができないエラーとその原因及びダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する3つの方法についてご説明しました。変換の後にOSをターゲットディスクにインストールすることができると思います。