> > クラスタサイズの変更

クラスタサイズの変更

  • コンテンツ:


    クラスタサイズの変更について

    皆さんご存じの通り、Windows OSでは クラスタがファイルを保存と管理する最も小さいディスクスペース の論理単位です。一つのクラスタはファイルを一つだけ保存できるが、一つのファイルはいくつかのクラスタを占めます。大きなファイルを小さいクラスタでファイルシステムに保存すると、データの読み書き速度は減らされます。ユーザーは大きなクラスタで小さいファイルを保存すると、かなり多くのディスク領域は浪費されます。だから適当にクラスタサイズを変更することは必要です。
    MiniTool Partition Wizardでクラスタサイズを変更することは容易いです。

    注意事項:MiniTool Partition Wizardの無料版はクラスタサイズを変更することができません。プロ版あるいはその機能を支持するアドバンスド版をダウンロードしてください。


    それから、MiniTool Partition Wizardのチュートリアルを詳しく紹介します。

    クラスタサイズの変更方法

    1、MiniTool Partition Wizardを実行してクラスタサイズが妥当ではないパーティションを選択して、左のパネルから「クラスタサイズ変更」を選んでください。

    Change Cluster Size 1

    2、適当なクラスタサイズをドロップダウンリストから選んで「はい」をクリックしてメイン画面に戻ります。

    Change Cluster Size 2

    3、「適用」をクリックして保留中の操作を適用します。

    Change Cluster Size 3

    今、クラスタサイズを変更するのは実現されました。