> > ディスクのサーフェステスト

ディスクのサーフェステスト

  • コンテンツ:


    ディスクのサーフェステストについて

    時々、操作を実行しているときあるいはファイルを開くとき、驚いたことに、コンピューターの運転速度はとても遅いあるいは雑音が出ることがあります。ハードディスクに不良セクターがある場合、この問題が現れる恐れがあります。それでは、どのように不良セクターがあるかどうかチェックしますか。

    MiniTool Partition Wizard の「ディスクのサーフェステスト」機能は、セクターからデータを読み出して各セクターの状態をスキャンします。ディスクブロックにエラーがないと緑色にマークし、エラーがあるディスクブロックを赤い色にマークします。不良セクターがあると、ディスクの全てのデータを移動して、特定のソフトウェアを使って、不良論理トラックから保護します。その後、まだ赤い色があると、専門家に依頼して物理的な不良セクターを修理します。

    ディスクのサーフェステスト方法

    1、ターゲットディスクを選択して左のパネルから「サーフェステスト」を選びます。あるいは、ターゲットディスクを右クリックしてドロップダウンメニューから「サーフェステスト」を選びます。

    disk surface test

    2、新しい画面の「今すぐ開始」をクリックしてサーフェステストを始めます。あと、ソフトウェアは自動的にディスクのサーフェスをテストして、結果を表示します。

    surface scan complete

    MiniTool Partition Wizardのチュートリアルを読んで、ハードディスクの中に不良セクターがあるかどうかをチェックする方法が分かります。