> > アクティブ・非アクティブ

アクティブ・非アクティブ

  • コンテンツ:


    アクティブ/非アクティブに設置

    ハードドライブにシステムをインストールするとき、ブートファイルは残されずにアクティブパーティションに保存するから、ブートパーティションとアクティブパーティションはいつも同じパーティションです。しかし、元のブートパーティションを非アクティブにして、他のパーティションをアクティブにして、次回に、コンピュータを起動するとき、システムに入れません。

    ですから、正常な状況では、アクティブパーティションを変更する必要はありません(デフォルト値のままにします)。コンピューターに新しいディスクを増設する場合、または元のディスクから新しいディスクにOSを移行した後に、それからコンピューターを起動するように、新たなディスクのブートパーティションをアクティブに設置してそれを第一のブート装置にする必要があります。

    注意: MiniTool Partition Wizardの「OS をSSD/HDに移行」機能を使ってOSを他のドライブに移動したら、ソフトウェアは自動的に新たなドライブをアクティブにします。


    今、問題は必要なときにどのようにアクティブ/非アクティブに設置することです。MiniTool Partition Wizardでアクティブ/非アクティブに設置する方法をご紹介します。

    詳細は以下です。

    アクティブに設置する方法

    1、アクティブに設置しようとするパーティションを選択します。

    ヒント:
    • MBRディスクであれば、基本パーティションだけアクティブにすることができます。GPTであれば、制限はありません。
    • 一つのディスクはせいぜいアクティブパーティションを一つだけサポートできます。
    • パーティションを不正にアクティブにするあるいは元のアクティブパーティションを非アクティブにする場合、システムには入れません。

    Set Active/Inactive 1

    2、以下の方法を一つ選んで、「アクティブに設定」を選択します。

    a). 左の「パーティションの管理」から選択します。
    b). パーティションを右クリックしてポップアップリストから選択します。
    c). メニューバーの「パーティション」をクリックして、ドロップダウンリストから「変更」を選択します。そしてサブメニューから「アクティブに設定」を選択します。


    Set Active/Inactive 2

    3、「適用」をクリックして、保留中の操作を適用します。

    Set Active/Inactive 3

    4、ダイアログのyesをクリックして確認します。

    Set Active/Inactive 4

    5、成功を提示するダイアログが出たら、「OK」をクリックして操作を終えます。

    Set Active/Inactive 5

    非アクティブに設置する方法

    非アクティブに設置する方法はアクティブに設置するのとほぼ同じです。

    1、非アクティブに設置しようとするパーティションを選択します。

    Set Active/Inactive 6

    2、以下の方法を一つ選んで、「非アクティブに設定」を選択します。

    a). 左のパーティション管理から選択します。
    b). パーティションを右クリックしてポップアップリストから選択します。
    c). メニューバーの「パーティション」をクリックして、ドロップダウンリストから「変更」を選択します。そしてサブメニューから「非アクティブに設定」を選択します。


    Set Active/Inactive 7

    3、ダイアログの「はい」をクリックして続けます。

    Set Active/Inactive 8

    4、「適用」をクリックして、保留中の操作を適用します。

    Set Active/Inactive 9

    5、ダイアログの「はい」をクリックして確認します。

    Set Active/Inactive 10

    6、成功を提示するダイアログが出たら、「OK」をクリックして操作を完了します。

    Set Active/Inactive 11