SSDの低価格化に伴い、コンピュータのディスクにSSDを採用するケースが増えてきました。そして、SSDにはメジャーな規格が主に3つありまして、SATA、mSATA、M.2です。MiniToolのこの記事はより小型のmSATAとM.2の基本情報と違いを説明していきます。

mSATAとM.2のSSDを比較するには、まずそれぞれの基本情報や主要製品、長所短所を把握することが必要です。ちなみに、ハードディスクをHDDからSSDにアップグレードする場合は、こちらの記事を参考にしてください。

mSATAについて

この部分では、mSATAとM.2 SSDの定義、長所、短所について説明します。

mSATAとは

mSATAはMini-SATAとも呼ばれ、マイクロコネクタとは異なる接続インターフェースの一種であります。2009年にSerial ATA International Organizationが発表したもので、SATAインターフェースの一つです。ノートPCやノートパソコンなど、小型の機器でSSDを搭載する場合に適しています。

mSATA

画像元:samsung.com

mSATA SSDは、標準のSATA SSDに比べて物理的なサイズが小さく、名刺1枚分の大きさです。また、ノート型パソコンの他に、デジタルサイネージ、店舗用キオスク、POS機器、複合機などのビジネス製品にも使用することができます。

mSATA SSDは、通常のハードディスクドライブに比べて消費電力が少なく、ファイルの読み込みも高速です。 予算が少ないのにHDDを購入したくない場合は、mSATA SSDを選択することを強くお勧めします。

mSATA SSDのメリット

前述の通り、mSATA SSDは通常のSSDに比べて物理的に小さく、価格も安いです。さらに、低消費電力のメリットが加わり、現在市場で人気のストレージデバイスの一つとなっています。直感的な参考のために、そのメリットを以下のようにまとめました。

  • 小型:mSATA SSDは、通常の5インチHDDやSSDよりも小型です。 その結果、より多くのドライブを搭載するためのスペースを確保することができます。 また、ドライブは小さいながらも大容量であるため、最近ではノートパソコンのハードウェアの一部をシステムに詰め込むメーカーも出てきています。
  • 高速:mSATA SSDは、システムの起動および読み込み速度を向上させます。読み取り速度は最大551MB/秒、書き込み速度は最大304MB/秒に達することができます。また、mSATA SSDの最大帯域幅は6Gbpsです。
  • 低消費電力:低消費電力であることも人気の理由の一つです。このようなmSATA SSDの利点は、ノートPCやタブレットでのバッテリー駆動にも活かされます。
  • 容量:mSATA SSDの容量サイズが幅広く市場に出回っているため、消費者は自分のニーズに合った容量サイズを選択することができます。
  • 互換性:mSATA SSDは、ノートパソコンや小売店のキオスクなど、様々なデバイスと容易に互換性があります。
  • 耐衝撃性:mSATA SSDの保護ハードケースは、衝撃や振動からそれらを防ぐことができ、同様に任意のノイズを生成しません。
OSのクローンを作成する方法 – MiniToolソフトウェア
OSのクローンを作成する方法 – MiniToolソフトウェア

MiniTool Partition Wizardを使って、OSをSSD/HDに手軽にクローンすることができます。

もっと見る

mSATA SSDのデメリット

上記のメリットに加えて、mSATA SSDには以下のようなデメリットもあります。

  • 価格:場合によって、特定のmSATA SSDのGBあたりのコストが、同じ容量の通常のSSDよりも高いことがあります。
  • 性能に大きな差はない:mSATA SSDと通常のSSDは同じSATA IIIの速度で動作し、読み書きの速度も同等です。
  • コネクタ:既に半田付けされているマザーボードと互換性を持たせるためには、異なるmSATAコネクタが必要です。mSATA SSDのインターフェースは、通常のSSとは異なります。
  • PEサイクルの制限:mSATA SSDのPEサイクルは制限されているため、ビットロスの影響を受けやすくなっています。 つまり、ビットが失われ、ストレージ容量が減り始め、デバイスの寿命が短くなる可能性があるということです。

さて、mSATA SSDの基本的な理解はできているだろう。次に、M.2 SSDdについて説明します。

M.2 SSDについて

M.2のコンセプトとそのメリット・デメリットについて説明します。

M.2とは

M.2は、mSATAの後継規格として、PCI Expressの物理カードのレイアウトとコネクタを採用しています。コンピュータの拡張カードを内部に搭載する仕様のため、M.2はより小さなフォームファクターと柔軟な物理仕様を備えています。

M.2

画像元:wikipedia.org

一般的に、M.2インターフェースはSSD、特に一部のタブレットやウルトラブックなどの小型デバイスに搭載されるSSDに適しています。mSATA規格の代替・改良版であるため、プリント基板が大きくなります。

M.2 SSDのメリット

M.2 SSDは小型フォームファクタのため、USBスティックの小型化に伴い、消費者市場に新しいデータ転送インターフェイスを提供します。 まとめると、M.2 SSDにはいくつかの特徴的な利点があります。

  • 高速: ご存知のように、一部の2 SSDはPCleコネクタを使用して設計されています。つまり、ドライブは以前のSATASSDよりも高速です。通常、ほとんどのM.2 SSDはハードドライブの15倍の速度に到達できます。 M.2 SSDがNVMeプロトコルで設計されている場合、遅延は小さくなります。
  • スモールフォームファクタ: 一般的な5インチSSD(手全体の大きさに近い)と比較すると、ほとんどのM.2 SSDは2~3本の指を覆うことができます。
  • 軽量: M.2 SSDはSSDの重量を50グラムから7グラム程度に減らすという。 ポータブルデバイスの購入を検討している場合は、2 SSDが賢明な選択です。
  • 信頼性: M.2 SSDの利点の1つは、持続時間が長く、物理的に劣化しないことです。

M.2 SSDのデメリット

まあ、M.2 SSDにも短所があります。 ここでは、これらの欠点を次のように要約します。

  • 互換性の問題:お使いのコンピュータのハードウェアに慣れていない場合、2 SSDをマザーボードに取り付けるのが難しいことがあります。
  • かなり高価: 調査によると、Intel Optaneなどの2 SSDの最大4倍のギガバイトあたりの支払いが可能です。
  • ケーブル管理の削減:M.2 SSDはドライブ管理に必要なケーブル数を削減します。 電源ケーブルもデータケーブルもありません。

続いて、mSATAとM.2 SSDを比較して、その違いを把握します。

mSATA VS M.2

mSATA SSDとM.2 SSDは、どちらもノートパソコンなどの小型デバイス向けに設計されています。 しかし、最も明らかな違いは、M.2 SSDがSATAまたはPCleインタフェースをサポートできるのに対し、mSATA SSDはSATAインタフェースのみをサポートできるという点です。

また、M.2 SSDはSATA 3.2リバースで定義されたSATA Express(SATAe)もサポートしているため、M.2 SSDはSATAとPCleインターフェイスを接続できます。 SATAeベースのM.2 SSDはホストにPCIeかSATAかを通知します。

インターフェイスの他に、主要製品、フォームファクタ、パフォーマンス、容量、および価格についても説明します。

主要製品

この2種類のSSDには独自の主力製品があります。 違いを比較するために、次のベストバイを紹介します。

mSATA SSD

  • Samsung 860 EVO MZ-M6E250BW mSATA
  • Zheino mSATA SSD 512 GB
  • Crucial M550 256 GB mSATA Internal SSD
  • Goldenfir mSATA Internal SSD
  • Kingston UV500 480 GB mSATA SSD

M.2 SSD

  • Samsung SSD 970 EVO M.2 SSD
  • ADATA XPG SX8200 Pro
  • Seagate FireCuda 510
  • WD Blue 3D M.2 SSD
  • WD Black SN750 NVMe SSD

フォームファクタ

M.2 SSDは、カードスペースを最大限に活用しながら、設置面積を最小限に抑えます。 mSATAフォームファクタが登場した後、M.2フォームファクタも2年後に登場した。 新しいM.2フォームファクタのドライブ寸法にはさまざまなバリエーションがあります。 ただし、出荷時のmSATA SSDのサイズは1つだけです。

次に、mSATAとM.2 SSDの寸法に関するフォームを示します。

mSATAとM.2の寸法比較

パフォーマンス、容量、価格

前述のように、M.2 SSDには異なるインターフェイスがあります。 そのため、M.2 SSDとmSATAのパフォーマンスもインターフェイスによって異なります。 SATAインターフェイスを備えたM.2 SSDは、mSATAまたはSATASSDの6Gbpsの制限を超えてデータ転送レートを拡張できます。

PCleベースのM.2 SSDは1秒あたり最大1ギガバイトになり、これは1レーンあたりのPCleの4レーンに相当します。 SATAeベースのM.2 SSDは、最大2レーンのPCIeをサポートできます。 また、PCleベースのM.2 SSDはNVM Express(NVMe)をサポートしているため、ATAまたは小規模コンピュータシステムインターフェイスコマンドセットを使用する際のパフォーマンスを向上させ、遅延を短縮できます。

mSATAとM.2 SSDのストレージ容量と価格は、使用しているSSDの種類によって異なります。 ここでは、次の情報を参照できます。

提示: 上記の主要製品を例に挙げます。

mSATA SSD

mSATA SSDの主流製品

M.2 SSD

M.2 SSDの主流製品

上記のフォームによると、次のような結論が得られます。

  • データ転送速度: ほとんどの2 SSDは、mSATA SSDよりも高速です。
  • 容量: ほとんどのmSATA SSDは約500GBですが、2 SSDにはより多くの容量オプションが用意されており、中には最大1TBまで使用できるものもあります。
  • 価格:M.2 SSDの方が転送速度が速いですが、ほとんどのmSATA SSDの方がコストがかかりません。

M.2とmSATASSDの違いがわかりました。次に、新しいSSDを購入した後、コンピュータのシステムディスクとして使用するには、SSDにシステムを再インストールするのが一般的です。しかし、ここにシステムを新たに設置しなくても新しいSSDをシステムディスクとして使用できる方法があります。

お勧め!ゲームに最適なSSD-2020最新版
お勧め!ゲームに最適なSSD-2020最新版

2020年のゲームに最適なSSDは何ですか?OSを再インストールせずにハードドライブをSSDにアップグレードする方法は何でしょうか?今日は、この投稿からその方法を学びましょう。

もっと見る

OSを再インストールせずにSSDを換装する方法

M.2またはmSATA SSDを選択したら、システムディスクとして正常に作動するように、通常OSをインストールしなければなりません。なお、システムのインストールの手間を省くため、ここではMiniTool Partition Wizardの使用を強くお勧めします。

これはプロのディスククローニングソフトウェアで、システムを簡単かつ迅速に複製するだけでなく、新しいディスクのディスクベンチマークも実行できます。 さらに、このツールは、データを失わずにMBRディスクをGPTに変換することをサポートしています。

無料ダウンロード

ステップ1.新しいSSDをコンピュータに接続し、ソフトウェアを実行してメインインタフェースを取得します。

ステップ2.ディスクマップでコンピューターのシステムディスクを強調表示し、左側のアクションパネルから「ディスクコピー」機能をクリックします。

「ディスクコピー」機能をクリック

ステップ3.コピー先として先ほどコンピューターに接続したSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ4.必要に応じてコピーオプションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

コピーオプションを選択

ステップ5:ポップアップウィンドウの「完了」をクリックし、「適用」をクリックして操作を実行します。

これにより、元のシステムディスク上のデータがすべてSSDにコピーされているはずです。SSDをコンピューターに取り付けたら、システムディスクとして動作できます。

結語

この記事はmSATAとM.2 SSDそれぞれの基本情報と違いについて紹介しました。ご参考になされましたら幸いです。また、もしMiniToolについて何かご質問/ご意見がありましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。

  • はてブ