データの中には非常に重要なものもあり、数十年から数百年の間にわたって保存する必要があります。では、これらのデータを長期間保存するにはどうすればよいのでしょうか。MiniTool Partition Wizardのこの記事では、データを長期保存するための方法をいくつか集めています。

データの長期保存で起こりうる問題

データを長期に保存することは簡単なことではありません。保存中に様々な困難や問題が発生することがあります。例えば、ハードディスクやSSDなどのデジタル記憶媒体は、時間の経過とともに劣化し、やがて機能しなくなることがあります。

そのため、ハードディスクが故障する前に保存データをバックアップしておく必要があります。一般的に、HDDは3~5年、SSDは10年以上の寿命があると言われています。時間に応じて余裕を持ってバックアップをとってください。

提示:

提示:

データをバックアップするために、専門的なクローン作成ソフトウェアが必要です。ここではMiniTool Partition Wizardを使用することをお勧めします。その「ディスクコピー」または「OSをSSD/HDDに移行」機能を利用して、データのバックアップを完成できます。さらに、ハードドライブの不良セクタやファイルシステムエラーをチェックする機能を搭載しています。そして、さまざまな理由で失われたデータやパーティションを復元することも可能です。

MiniTool Partition Wizard Pro Demoクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

ストレージデバイスの故障に加えて、ファイル形式が古いことも、データ保持の際に発生する可能性がある問題です。技術の進歩に伴い、特定のファイル形式が古くなったり、新しいソフトウェアと互換性がなくなったりすることがあります。保存されたデータは、新しいデバイスでは読み取ることができず、使い物にならなくなってしまうのです。

新しい形式に何度か移行すると、データが何らかの形で劣化する可能性があります。 さらに、ハッカー、マルウェア、自然災害が、保存されたデータに脅威を与える可能性があります。 したがって、データを安全に保つために強力なセキュリティ対策を実装することが不可欠です。

データを何十年も保存するためには、どのような方法があるのでしょうか。この記事では、そのためのいくつかの方法をご紹介します。

#1. データの長期保存に外付けハードディスクを活用する

外付けハードディスクは、一般的にかなりの容量があり、技術の発展とともに安価になってきています。 そのため、外付けハードディスクはデータ保存用としてよく使われています。 しかし、外付けハードディスクは、しかし、それらの内部は精密な可動部品で構成されているため、比較的破損しやすいという欠点があります。使用後に安全に機器から取り外し、うまく配置すれば、磁気が弱まって回復不可能なエラーが発生するまで、10年以上寿命を保つことができるかもしれません。

頻繁に使用する場合、機械的なストレスによって外付けディスクの寿命は最大で3~5年短くなる可能性があります。 そのため、毎年ドライブの電源を入れ、コンポーネントを稼働させることが重要です。外付けハードディスクは、WD、Samsung、Seagate、SanDiskなどのメーカーから購入することができます。

ゲーミングPCの寿命と延命する方法
ゲーミングPCの寿命と延命する方法

この記事はゲームをプレイするためのゲーミングPCの寿命と延命する方法を紹介しました。

もっと見る

#2. データの保存にフラッシュドライブを利用する

USB、メモリーカード、SSDドライブなどのフラッシュドライブは、データの長期保存にも応用できます。不揮発性のフラッシュメモリーに書き込まれたデータは、少なくとも10年間は保存可能です。SSDに比べ、USBメモリーやメモリーカードは、長期間電源が入らない状態でも情報を永続的に保存することができます。

128GBや512GBのフラッシュドライブが一般的で、価格も手頃になったとはいえ、ハードディスクに比べればまだまだ高価です。しかし、何テラバイトものデータをバックアップしたり、アーカイブしたりする必要がないのであれば、これらの製品は最適な選択肢です。以下の記事で、いくつかの記憶媒体の違いを見つけることができます。

#3. CDやDVDを使ってデータを数十年保存する

CDやDVDの最大のメリットは、長期間使用できることです。具体的には、適切に保管すれば50年はもつと言われています。しかし、残念ながら、最近のコンピュータにはCD/DVDドライブが搭載されていないものが多く、フロッピーディスクドライブのように死蔵される可能性があります。

したがって、数年後には読めなくなっている可能性が非常に高いのです。よく考えてから使うべきでしょう。

#4. クラウドストレージを利用してデータを長期保存する

多くのユーザーは、データの長期保存にクラウドストレージの利用を好んでいます。パソコンに保存しているものは何でも自動的にクラウドにコピーできるので、時間の節約になり便利です。さらに、この方法は物理的なバックアップよりも安全です。

洪水や地震などの災害が起きると、メインコンピューターとバックアップドライブを失うことになります。しかし、クラウドのアカウントとパスワードを覚えていれば、データへのアクセスは可能です。

何十年もデータを保存する最良の方法をお探しなら、この記事を参考していただければと思います。この記事では、データを長期保存するための4つの方法を紹介しています。

  • reddit