> > Windows 記憶域スペース

Windows 記憶域スペース


コンテンツ:


MiniTool Partition Wizardは Windows 8、Windows 8.1、 Windows Server 2012、 及びWindows Server 2012 R2での新しい機能である記憶域スペースをサポートします。それでは、記憶域スペースはなんですか。どのようにそのような記憶域スペースを作成しますか。MiniTool Partition Wizardでどのように管理しますか。

記憶域スペースについて

記憶域スペースはファイルエクスプローラーで表示され、他のドライブと同様に使用できる仮想ドライブです。それが複数の物理デイスクを記憶域プールにまとめ、その記憶域プールは追加したデイスクに簡単に拡張されることができます。それらのディスクは、USB、SATAまたはSASを通してつながれることもできます。一つの記憶域プールは様々な物理ディスクから組み立てられます(異なるタイプの物理ディスクに異なる記憶装置のポートによって接続できます)。記憶域スペースはRAIDの安全性を デスクトップに与え、ファイルを保存するための拡張領域を作成し、他のハードウェアより低コストです。

記憶域スペースの作成方法

Windows 8で記憶域スペースを作成することを例にします。

1、「コントロールパネル」を開けて、次の画面に入ります。「システムとセキュリティ」を選択して続けます。

system and security

2、「記憶域」を選びます。

storage spaces

3、「新しいプールと記憶域の作成」を選択します。

create

4、記憶域プールを作成するドライブを選択して「プールの作成」をクリックします。

select drives

5、記憶域スペースを設置し、「記憶域の作成」をクリックします。

create storage space

ヒント:
四つのタイプ

シンプルな記憶域(回復性なし):パフォーマンスの向上を目的としているが、ドライブの障害からファイルは保護されません。実用のためには一つ以上のドライブが必要です。

双方向ミラー記憶域:ファイルの 2 つのコピーが作成され、1 つのドライブの障害を許容できます。少なくとも二つのドライブが必要です。

3 方向ミラー記憶域:2 つのドライブの障害を許容でき、少なくとも 5 つのドライブが必要です。

パリティ記憶域:高い記憶域効率を目的とし、複数のコピーを維持することでドライブの障害からファイルを保護します。シングルなドライブの障害から保護するには少なくとも 3 つのドライブが必要です。また、2 つのドライブの障害からファイルを保護するためには、少なくとも 7 つのドライブが必要です。


操作が終わったら、次のような新規記憶領域が見えます。

view it in pc

MiniTool Partition Wizardで記憶域スペースの作成方法

ソフトウェアを実行して、次のようなメイン画面が見えます。

manage it in pw

「H」に名付けられたパーティションを選択すれば、パーティションのフォーマット、パーティションの移動サイズ変更、 パーティションの結合、 パーティションの分割、パーティションのコピー、クラスタサイズ変更とっいた実行できる機能は左のアクションパネルで現れます。それらの機能で使用者は記憶域スペースを管理できます。